original works other works
  — other works
therefore(7inch)
Spangle call Lilli line

felicity TYO7S1008
2018.11.17
¥1,900+税

< track list > 
Side-A / therefore
Side-B / so as not to

SCLLとナカコーのコラボレーションシングルが数量限定で7インチ化決定!

結成20周年を迎えるSpangle call Lilli line。3年ぶり待望の新曲「therefore」は、同年代にSUPERCARでキャリアをスタートしたナカコーとの豪華コラボレーション。この楽曲はカルチャーサイトCINRAの『NEWTOWN』レコード企画の為に書き下ろしたナンバーで7インチのみ、初回限定生産でのリリースとなります。




Woolgathering
NINI TOUNUMA

EASL-0010
2010.11.17
¥2,300 (incl.tax) amazon

< track list > 
1.face it 2.8 ways 3.dial
4.stripe sky 5.weather fear seesaw
6.type you 7.violet out
8.n. 9.futuristic one 10.still air

限りなく空気と宇宙に近い、センセーション・ミュージック。
ミックス&共同プロデュースにSPANOVAを迎えた孤高のスペクタル・ビート。

SCLLのヴォーカル大坪加奈によるソロ・セカンド・アルバム。「ホニャララ語」とも評される
彼女オリジナルの言語感覚はここでも健在…どころか、奔放なそのセンスがサウンドをも支配。
背景に見えるのはハウス/ダンス・ミュージックだが、彼女はそれを積み上げるのでも
解体するのでもなく、文脈を身軽に飛び越え、分類の眼差しをすり抜ける。
まさに「NINI TOUNUMAの音」としか評し得ない世界。




ten to sen
ten to sen

EASL-0006
2009.1.21
¥2,300 (incl.tax) amazon

< track list > 
1.scene~2 -it might not be never.
2.plus-minus 3.equal 4.ame
5.scene~1 -it was. 6.yume
7.kami 8.yoru

SCLLのギター、藤枝と笹原による新プロジェクト。雨音と車道。ストリングスとピアノ。
点/音が連なり、線/旋律となる。普通の日々、些細な出来事を、そっと浮上させる、
珠玉のサウンドトラック。2008 年、結成10周年を迎え、アルバム『ISOLATION』と
『PURPLE』を連続リリースしたスパングル・コール・リリ・ライン。点と線は、そのギター
二人、藤枝と笹原による新プロジェクトだ。雨音と車道。足音と閉まる戸。ストリングスと
ピアノ。点/音が連なり、線/旋律となる。爪弾かれた弦が落とした小さな水滴は波を起こし、
紋様を描きながら、やがて静かに水をたたえる。日常の中で、突如としてこの世界に「美」を
見出し心をかき乱されるような、そんな瞬間。全て生演奏でレコーディングされたという、
ワールズ・エンド・ガールフレンド、高木正勝、シネマティック・オーケストラらに通じる
その流麗なサウンドスケープに、私たちは息を飲む。何気ない時間、些細な出来事、
普通の日々を、映画のワンシーンへとそっと浮上させる、珠玉のサウンドトラック。



TOUNUMA NINI
NINI TOUNUMA

EASL-0005
2009.1.21
¥2,200 (incl.tax) amazon

< track list > 
1.ik zon to eye 2.ffigg
3.interlude what i heard
4.cos 5.mid mid air
6.coat storm form 7.wave

SCLLヴォーカル大坪加奈による新ソロ・プロジェクト。ブリストル〜ベルリンな湿度の
あるビートと、妖しく美しい歌。気だるく空気を濡らす密室のベッドルーム・ダンス
ミュージック。2008年、結成10周年を迎え、アルバム『ISOLATION』と『PURPLE』
を連続リリースしたスパングル・コール・リリ・ライン。NINI TOUNUMAは、
そのSCLLのヴォーカリスト、大坪加奈による変名プロジェクトだ。NINIという名は大坪の
誕生日=22日から名付けたという。本作は、彼女が数年前から少しずつ録りためてきた
楽曲をコンパイル、ファースト・アルバムとして仕上げたもの。ブリストル〜ベルリン的な
湿度のあるビートと、ベッドルーム・レコーディングならではの「妖しさ」を秘めた美しく、
儚い歌声。それはまるで、ヨーロッパのどこかの街、どこかのクラブで、気だるく空気を
濡らす密室のダンスミュージック。ポーティスヘッドやマッシブ・アタック、あるいは
バーバラ・モルゲンスタインやラリ・プナらにも通じる、洗練された都市のリズム。
あのSCLLがクラブ・ミュージックをやったら? — まさにそんな音がここにある。




  discography_other works_page top ▲